■プロフィール

桐屋四代目

Author:桐屋四代目
桐屋田中四代目
株式会社タナカ
代表取締役 田中雅一
天秤座 B型
ショールームでお目にかかりましょう

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
今夏の百貨店催事について お詫び
今夏は例年にもまして百貨店の家具催事が交錯しています。
特に7月27日~8月3日の間には5会場より出品要請を頂いています。
(詳細はHP新着情報参照ください)
いや~人気者はつら~い!
なんて呑気なことを行っている場合じゃあないです。
その間、両国のショールームも商品が足りず暑い中ご来店くださるお客様にもご迷惑がかかってしまう。
てな訳で上記期間を避けてご来店頂ければ幸いです。

尚8月は12日~16日盆休みとなります。

重ね重ねご迷惑お掛け致しますが、お盆明けにはお詫びのセール行います。

スポンサーサイト
百貨店にて | 15:48:35 | Trackback(0)
消費税 駆け込み需要とは言うけれど・・・・
4月からの消費税UPで駆け込み需要でホクホク・・・・といいたいところだが
家具は3月31日納品分までが5%ということで、納品日は当然繰り上がり
桐箪笥なぞは一つ一つご注文をこなしていく商品なので、そんなに急に生産が上がる訳もなく、
尚且品物により製作期間も異なる為、3月31日までに間に合う、間に合わない で早くも
現場は大混乱!
皆売りたいのはわかるけど、そんなに煽るなよ!煽って売ってもその反動で四月以降売れなくて
値引きが増えるだけだゼイ
ということで当面桐屋田中ショールームでは4月以降届けになっても内税で価格据え置きとしますので
ご安心を。(但し雑貨品、小物は除く)
尚、百貨店での販売については各店の見解に従いますので、ご購入時にお確認を。

百貨店にて | 18:01:09 | Trackback(0)
横浜高島屋リニューアル
yokotaka.jpg
長く掛かった工事も終わり横浜高島屋の桐屋田中の売り場もやっとオープン。
百貨店家具の売り場も近年縮小傾向で、もちろん横浜店も例外ではないが桐箪笥の
売り場はコンパクトながらお客様のご要望に充分答えられる内容となった。
今日は追加でバッグ・小物類を追加するので桐屋田中主力商品がひととおり見られる。
今までフォーローし難かった神奈川地区のお客様のお役に立てれば・・・と思う。


百貨店にて | 07:32:51 | Trackback(0)
赤黒漆
akakuronuritate1.jpg

最近、赤黒漆での注文が多い。
写真は漆塗りでも磨きをする呂色(ろいろ)ではなく地の木目が透ける
塗りたてである。
何回も磨きあげる呂色だと価格もどうしても高額になるが、塗りたて
ならばさほど価格も高くならない。
もっと安価でとなればウレタンでも見た目は大して変わらない。

今は桐箪笥を単なる着物入れというだけでなく、インテリアとして
考えるお客様は増えているのは間違いない。
赤黒のカラーなどは古くから漆の基本色であり日本人の琴線に触れる
のかもしれない。

いずれにしても入れ物としてのみではいつか桐箪笥も用なしとなるだろうが、
飾って楽しむ、或いは所有する喜びを与えるとか、そういった付加価値
をもっと考えれば桐箪笥もまだまだ捨てたものではないのだ。

akakuronuritate.jpg


百貨店にて | 15:45:58 | Trackback(0)
統合は誰の為
お取引先の大手百貨店T社の経営統合が白紙となったと報道があった。
こちらは泡沫な身ではあるが、お取引先の経営統合とやらは百貨店に限らず
傍からではあるが遭遇してきた。
銀行など立場の強い業種は顧客や取引先の都合など物ともしないだろうが、
流通業ではその顧客、社員、取引先にとって本当にメリットがあったのか
疑問に思うことすらある。

我々の様な下々のものには判らない事情もあるのだろうが、泣く泣く会社を
辞めていく社員の方、不満を漏らすお客様に出会う度いったい誰の為の統合
なのかと思ってしまう。

今回統合を断念した賢明なる経営者の方々は、おそらくその様なことも少しは
お考えの上、勇気ある決断をされたのだと推察している。


百貨店にて | 10:40:38 | Trackback(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。