FC2ブログ
 
■プロフィール

桐屋四代目

Author:桐屋四代目
桐屋田中四代目
株式会社タナカ
代表取締役 田中雅一
天秤座 B型
ショールームでお目にかかりましょう

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
金具付きタンスリメイクのすすめ
20071013163845.jpg

写真のタンスはショールームの看板品にもしている江戸期末に生産されたタンスをリメイクしたものだ。
金具は昔のものを綺麗にして、本体は新しく製作した。
この様に隅金具付き(コーナーに金具がついているもの)桐箪笥は江戸期から大正初めくらいに作られたものが多く個人的にも大好きで、現代のリビングにだって十分置ける。外人さんも欲しがる。
20071014092950.jpg

今日、ショールームに打ち合わせに来られたお客様のタンスもこの様な隅金具付きだ。ところが本体に杉が使われている為リフォームが難しい。この時代に生産されるタンスは痛みが多かったり杉などが使われているため本体のリフォームが難しい物が多い。
ところが金具が素晴らしい。手作りの味と風格がある。
このようなタンスの金具実は今ではなかなか製作出来ない。
なぜなら今日いわゆる鍛冶屋さんのようにハンドメイドで金属加工をする職人さんが殆どいない為だ。
仙台タンスも岩谷堂だって手打ち金具と鋳物の金具のものとでは価格が一桁違う。
そこで金具を生かして本体を新しく製作させていただくことにした。仕上げのお色は仙台タンス風にする。
手頃なチェストを購入する価格で、数百万の手打ち金具付き仙台タンス級或いはそれ以上の価値のものになるはず。
考えてみればこれ程お得な話はない。

古い金具付きタンスは本体のみ製作するのをお勧めしたい。


スポンサーサイト
桐箪笥のリフォームについて | 09:41:11 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。