FC2ブログ
 
■プロフィール

桐屋四代目

Author:桐屋四代目
桐屋田中四代目
株式会社タナカ
代表取締役 田中雅一
天秤座 B型
ショールームでお目にかかりましょう

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ギフトショーにて
gift20.jpg

昨日今日と2日間ビッグサイトのインターナショナルギフトショーに出店の為会場に詰める。
今日は朝から小雪まじりだったが、昨日以上のお客様の数で盛況だった。
今回は桐の雑貨に加えて、川口とし子さんデザインの桐家具も出品しコマ数を増やした。
具体的成果はいつも終わってからになるが、多くの方達にみていただきとりあえずは満足!

ところで、本来桐箪笥が本業の弊社(しかもどちらかというと高級品がメイン)がなんでギフトショーで桐の雑貨なんてやってるの?とよく聞かれる。
最大の理由は啓蒙(建前)とPR(本音)である。
過去のブログ「桐の魅力について」で書いている様に、桐ほど素晴らしい素材は無い。
その桐が箪笥だけではもったいない。
確かに桐の箪笥は単価も高く、売れればこんないいことは無い。
でもそれだけでは、桐のよさは忘れられてしまう。
今の時代、桐の箪笥を連呼してもどれほどの人に響くのか?
それよりも桐の雑貨を買ってもらい、桐のよさを知りその中の少しでも「いつかは桐箪笥が欲しい」
と思っていただけたらと思っている。

それとまた通販などで一時中国製桐製品が氾濫し桐の価値観が下がってしまったが、少しはその流れを変えるきっかけを作ったつもり。

何て偉そうなことを書いてるがギフトショーでいろんな人とお話できるのは結構楽しいのが本当の本音です。



スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

展示会について | 18:03:56 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。