■プロフィール

桐屋四代目

Author:桐屋四代目
桐屋田中四代目
株式会社タナカ
代表取締役 田中雅一
天秤座 B型
ショールームでお目にかかりましょう

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
女性職人による実演
林実演
今月のシルバーウィーク、弊社女性職人林葉子による製作実演が三越本店で行なわれた。
桐箪笥仕上げ職人を志し、大手流通会社より転職。今や弊社でも要の一人の職人である。
今回は桐の正座椅子の仕上げ工程を行い大好評。
世間ではとかく伝統工芸というと、おじいさんがコツコツとというイメージが一般的だろうが、こうしてこの道を目指すうら若き女性がおることを少しでも知ってもらえたら幸いかと・・・


スポンサーサイト
百貨店にて | 14:57:29 | Trackback(0)
組合講習会の夜
過日組合の講習会とやらで外出。
夜は同業の仲間と久々に一献。
桐タンス都内有名店社長さんとも一緒で盛り上がり、またいろいろ教えを乞うことが出来、感謝!
厳しい時世ではあるが、たまにはこうした夜も良いもんです。

未分類 | 11:36:42 | Trackback(0)
桐の家
内装に桐をふんだんに用いた家が完成。
ご年配のご夫婦の暮らすスペースは内装に桐をということで、フローリング、天井板などを
提供した。市販のフローリングと異なり、桐タンスに使用するかなり上級の材を使ったので少々お高くなったが素晴らしい出来栄えとなった。
桐の家1
桐の家2
▲フローリング
桐の家
▲桐の階段
桐の家3
▲天井板
桐の家4
▲ふすま

近年桐の内装が増えてきたようだが、桐は質が悪いと後々黒ずんだり狂ったりと悲惨なことになる恐れがある。多少高くとも品質の良いものを使わないと危険!
もし桐の内装材のご相談も是非桐屋田中へ。


桐の魅力について | 17:18:33 | Trackback(0)
新しいサービス
桐箪笥リメイクの提案
リメイク03
桐箪笥リフォームは環境、エコなどの時代背景なのか、ますます依頼が増えてきているしもっともっと推進すべきと考えている。
しかしここで一つ大きな問題がある。
古いタンスをきれいにするとしても、「和タンスは必要ない」「部屋に合わない」「格好が悪い」と考える方もおられる。
最近では、古いタンスをリメイクしてチェストにしたい、色を変えてインテリアに合うようにしたい、更に別な用途に作り変えたい。そんなご要望が増えてきた。
そこで、リメイクの専門サイトを立ち上げることとした。
リメイク02
リメイク01
事例は順次運アップしていく予定。是非皆様の古い桐箪笥を捨てないで更にご使用いただける様、お手伝いさせていただければと思う。

Re工房リメイク専門サイトはこちら

桐屋田中ショールームでもご相談承ります


桐箪笥のリフォームについて | 11:32:29 | Trackback(0)
ギフトショー雑感
ギフト
今回のギフトショーは一コマの出品ながら、久々に西館へ戻り、おなじみの出品業者さんとも再会。
レイアウトはデザイナーの廣野照之氏にアドバイスを頂き、商品を減らしシンプルな展開とした。
そのためか例年より接客も増え、新商品も予想以上の手ごたえがあった。
価格志向が強まる時勢だが、人々はありきたりのものでは満足しない。
かような時こそ、メーカーたるもの新たな提案を続けねばならぬ・・・と感じた次第。
最終成果はこれからとなるが、次回の出品のテーマも浮かび大変に身のある展示会となった。


展示会について | 12:48:42 | Trackback(0)
伝統を超えろ!
桐婦人1
ギフトショーにも出品予定の桐をスライスして編んで作った新素材を用いた商品「桐婦人 Ki-fujin」がやっと完成した。桐の柔らかさとしなやかさを生かしたもので、市松・網代といった伝統美を表現した。

image畳改良1
またこちらは桐を用いた畳ベッド。近々大手百貨店にて販売が決定している。
今、欧米では日本のふとんがブームとか。そこで、ふとんを敷いて寝られるベッドとして桐と畳の素材感が安眠を与えてくれる。また、ヘッドボードを取ればリビングにおいて小さな和の空間を作るツールともなる。

桐の素材の良さ、また日本の伝統の美学。それらの魅力は底知れないものがある。
それらを生かし今の暮らしあうものを創造する。そして伝統を超える・・・
それが桐屋田中のメーカーのしての矜持なのである。


商品情報 | 15:40:25 | Trackback(0)

FC2Ad