FC2ブログ
 
■プロフィール

桐屋四代目

Author:桐屋四代目
桐屋田中四代目
株式会社タナカ
代表取締役 田中雅一
天秤座 B型
ショールームでお目にかかりましょう

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
桐箪笥のリフォーム
桐箪笥の優れている点はリフォームして繰り返し使えるところだ。
資源のない江戸期の日本で発達した桐箪笥は先人の知恵が詰まっている。
ところで、桐箪笥のリフォームは様々な名称で呼ばれることが多い。
①桐箪笥の削り直し②洗い直し(洗い)③更正④再生..etc
などであろうか。
①と②は本来リフォームの方法をさした言葉のはずで、大抵は削りを行ってリフォームするが、新品に近いものはお湯などでトノコを洗い落として行うためにそう呼ばれる。
③④もよく呼ばれる言葉だが、どうも更正というと「不良少年の更生」をイメージしてしまい、再生というとリフォームというよりリサイクルを連想してしまうのは私だけだろうか。
従って桐屋田中では「桐箪笥のリフォーム」の呼称で統一している。
桐箪笥を直すというより「更に価値を高めるようにしたい」というのが我々の希望であり、今は新たに「桐箪笥のリメイク」も行っている。
☆古い桐衣裳箪笥をローチェストにした例
IMG_2000.jpg

弊社では現在ネット上では桐屋田中のオフィシャルHPとリフォーム専門の「re工房」と分けているので、近年桐箪笥のリフォームへのお客様の関心が高まっていることが実感できる。
私は元来古いものが好きだ。
特に日本の古いものが大好きだ。弊社のショールームでも桐の骨董を集めているうちに「桐の博物館」としてしまった。
古い桐箪笥は良い。なんといっても意匠がいい。金具も今のものよりシンプルなものが多い。
そんな桐箪笥、大切に使ってもらいたいものだ。
古い桐箪笥はその物のよさに加えて「思い出」というお客様の付加価値があるのだから。



スポンサーサイト


テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ

桐箪笥のリフォームについて | 11:27:02 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。