FC2ブログ
 
■プロフィール

桐屋四代目

Author:桐屋四代目
桐屋田中四代目
株式会社タナカ
代表取締役 田中雅一
天秤座 B型
ショールームでお目にかかりましょう

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
桐の魅力について(2)

桐の魅力の第二は環境に優しい素材だということである。

古来「女の子が生まれると庭に桐の木を植えて婚礼に備えるなどと
いう言い伝えが日本各地であった。
今でもその習慣が残っている地域もある。
それは桐が僅か20年程度で箪笥などの材料として使える大きさになるということで、
いかに桐の木の生長が早いかということをあらわしている。

桐の箪笥は日本で人口が激増した江戸の元禄期に爆発的に広まったといわれる。
鎖国で少資源国日本でその需要を満たすには成長が早いため再生産が可能で、
しかもリフォームも出来て長く使える桐が最適だったと推測できる。

再生産に長い年月が必要な他の多くの木材、或いは再生不可能な熱帯樹林を
大量の伐採し短期間で消費している現状を考えれば、桐は何と環境に優しい素材
であろうか。

地球温暖化も桐をもっと多くの人が使うことで少しは歯止めとなろう。
桐を最も良く知り、使ってきた私達日本人がもっと桐の魅力を伝え広めていかなければ
ならないと思っている。

などと、ちょっと偉そうなこと書いてみました。つづく・・・・・・


スポンサーサイト


桐の魅力について | 15:59:09 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する