FC2ブログ
 
■プロフィール

桐屋四代目

Author:桐屋四代目
桐屋田中四代目
株式会社タナカ
代表取締役 田中雅一
天秤座 B型
ショールームでお目にかかりましょう

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
桐指物のリフォーム
桐の指物

今日はショールームで桐指物のリフォームの打ち合わせにお客様がみえた。
上の写真のような小型の手許タンス等計5点あった。
この様な小型の指物のリフォームは他で断られて、弊社にたどり着くお客様が多い。小さいものは手間がかかり難解なわりに価格が取りにくいのか、断る職人が多いようだ。
ところが、私に言わせればこの様な指物こそ価値あるものである。
今の時代、桐箪笥をつくる職人は腐るほどいるがこの様な手許タンスをきちんと作れる職人がどれだけいるだろうか?
それにしても、これら古いものの美意識には感心する。扉の引き手は房が使われていたのだ(粋だね!)。もちろん新しいものに取替える。
仕上げはアンティークな趣を残す為に「古代仕上げ」とする。
桐指物2

この絵入りの飾り棚も見事である。こちらは絵の部分はそのまま生かすこととした。
昔の人はこの様な調度品を、指物職人に自分の好みで作らせた。
職人は腕を振るい、お客様の期待以上のものを作らんと創意工夫をこらして製作する。
また、お客様はリフォームして更に後世へ残してくれる。
今、私たちが目指さなければならないものがここにあるような気がした。
スポンサーサイト


桐箪笥のリフォームについて | 16:36:07 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。